月山のブログ

受け回しを好んで使う男のポケモンブログ。

【S8使用構築】屋外配信ゲンガスタン【最高2056最終2019】

催眠ガイジ、略してミンガイ

どうも、つきやまです。

S7にポリクチを使ったものの結果は振るわず肌に合わないと感じ、多くの人が結果を残していた受けループに注目して自分なりに構築を組んでみました。一部、不快要素を含みますが見ていってくれると嬉しいです><

以下常体

 

【使用構築】


f:id:kaitokuyt-www:20180314211107j:image

基本のゲンガー軸受けループの並びで、扱い慣れてない「エアームド」から、広く役割を持ち宿り木で場に居座って削りを行える「テッカグヤ」に変更した。また追い討ち枠はゲンガー入りの構築に脳死で出しても腐りにくく、ビビヨンやゴーリにも強く出られる「バンギラス」を選択した。

 

【個体解説】

 

f:id:kaitokuyt-www:20180314125545j:image

 ゲンガー@メガストーン

[性格] 臆病

[努力値] 188-×-0-68-0-252

[技構成] 祟り目/ヘド爆/鬼火/催眠術

H 16n-1

余り

S 最速

 

鬼火催眠ハイブリッドゲンガー。

いくつか弊害もあるが、守るを採用する旨味よりも催眠術を採用する旨味の方が強いと思って採用した。

本構築は通常のゲンガー軸受けループよりゲンガーの一貫を取る立ち回りが狙いやすいように組んでいるため、ゲンガー自体も抜き性能、誤魔化し性能を重視した。

4枠選出が必要になる相手やサイクルでゲンガーの圏内に入りきらなかったポケモンがいるときの最後の手段として催眠術を打っていく。

後は通常の鬼たたゲンガーと同じ使い方。

 

催眠術による具体的な弊害とは「頼りすぎるとプレイングが雑になること」と「単純に人に嫌われること」である。

サブロムが1900帯で停滞し、180戦して最高1970止まりだったのは途中から雑になってゲンガーに頼りすぎたからだと思う。

あと、催眠ゲンガー使うと知らない人に晒されたりブロックされたりする。結構効く。

 

キャスを見てくれてた人はわかると思うが、上手にプレイできたら催眠術を使う必要は基本的になくて、どうにもならない時の秘密兵器みたいなものだと思ってくれたらいい。

 20帯でマンダ+ジバコの並びとマッチングして催眠ゲンガーで逆にジバコをレイプしてやったときは素直に写生した。

被害に逢われた方はすみませんm(__)m

 

f:id:kaitokuyt-www:20180315013838j:image

グライオン@毒毒玉

[性格] 陽気

[努力値] 228-4-4-×-44-228

[技構成] 地震/毒毒/身代わり/守る

H 8n+3

S 最速ランドロス抜き

 

嫁ポケ枠。現状の受けループのテンプレの型になるが、毒毒グライは初めての採用になった。

 

ドリルドリュ、身代わり剣舞ランド、呪いミミッキュ、など受けルで重いポケモンの上を取って行動できたので速いグライオンの強さを再認識した。特にミミッキュに関しては呪い型ばかり出てきたので、ドヒドイデを選出するよりグライオンを出した方が良かったまである。

 

ただ初めて使う型だったためか、いまいち選出できず「グライオンを出していれば勝てたのに」という試合がいくつもあったのが悔やまれる。

このポケモンを自分がもう少し上手く使えたら、もっと上を目指せたかもしれない。

 

f:id:kaitokuyt-www:20180314125608j:image

 

ドヒドイデ@氷Z

[性格] 図太い

[努力値] 252-×-252-0-4-0

[技構成] 熱湯/トーチカ/黒い霧/自己再生

H ぶっぱ

B ぶっぱ

D 余り

 

これもテンプレ。こだわりチェック、Z透かし、定数ダメ稼ぎなどトーチカの使い勝手はとても良かった。

 

剣舞なりパン馬車に対して後出しから、トーチカ→黒い霧Zとすることで対応する。

挑発ギャラに対しては、挑発されて1舞されたところで黒い霧Zを使うことで熱湯の試行回数を稼いでいく。1度焼いてしまえば後はどうとでもなるので意外と安定した。

また飛行ZギャラはZを消費させてしまえば焼けてなくてもドヒドイデで誤魔化せた。

 

Z持ちで叩きも痛くないしトーチカも便利なので今後もドヒドイデを採用するときはこの型が基本になりそうだ。

 

f:id:kaitokuyt-www:20180314205011j:image

テッカグヤ@残飯

[性格] 図太い

[努力値]  252-×-4-60-180-12

[技構成] 火炎放射/めざ氷/宿り木の種/守る

H ぶっぱ

B 端数

C HDマンダやHぶっぱクチート意識

D 特殊マンダの文字を残飯込み2耐え程度

S 同族意識

 

 通常の受けループとの大きな差別化点。自慢の技構成と調整で理論上全てのボーマンダに有利を取る。

 

エアームドからテッカグヤに変更するデメリットは、ギロチングライが絶望的に重くなること。残飯と宿り木が回復ソースになるので叩き落とすや挑発を絡めたサイクルに弱いこと。メリットは、テテフ、特殊マンダ、ツルギなどに対応できること。宿り木の種でサイクル戦を有利にできること。氷4倍に対しての遂行速度が違うこと。

 

流行りの意地HDマンダに対しては1up恩返しを2耐えしめざ氷で確2を取るので、後出しからめざ氷を打ち込み羽休めのタイミングで宿り木を入れる。羽休めで粘ってきても、羽休め時めざ氷ダメ25%+宿り木ダメ12.5%+めざ氷ダメ50%+宿り木ダメ12.5%で落ちてしまうのでマンダは行動できない。

 

ヘビーボンバーが欲しい場面もなくはないが、抜く技がないので難しいところ。

 

今期最初の20チャレではバンギでステロを撒いてからサンダーランドゲンガーを3タテしてくれた本構築のMVP。

 

f:id:kaitokuyt-www:20180314204008j:image

ラッキー@進化の輝石

[性格] 図太い

[努力値] 76-×-252-0-180-0

[技構成] 地球投げ/毒毒/電磁波/卵産み

H 16n-1

B ぶっぱ

D 余り

 

圧倒的な耐久力でとても強かったが最終日付近は挑発持ちのポケモンも増えて、雑に地球投げを連打したりクッションにしかならない場面もあった。ただ電磁波は強力で、単体では処理できないポケモンも裏のポケモンと連動して倒していける。テンプレの技構成で特に語ることがないので調整について少し。

 

よくあるH331の調整に合理性を感じなかったので自分なりに考えたところH335に落ち着いた。

控えめCぶっぱカプ・テテフのPF下ショックが

H325B62ラッキーに27.3%の乱数2発

H331B62ラッキーに14.1%の乱数2発

H335B62ラッキーに6.6%の乱数2発

ここから乱数の変化の幅が小さくなり、この6.6%を完全に消す(確定で2耐えする)にはラッキーのHを更に345まで伸ばさなければならない。これ以上Hに振るのは効率が悪いと考え、6%の乱数は見逃して丁度16n-1となるH335とした。惰性で331ラッキーを使っている人はよければ参考にしてくれると嬉しい。

 

f:id:kaitokuyt-www:20180314205031j:image

バンギラス@ラムの実

 [性格] 慎重

[努力値] 252-44-4-×-204-4

[技構成] 追い討ち/地震/ステロ/吠える

H ぶっぱ 16n-1

A 砂ダメ込み地震アーゴヨンを倒せたり、成功追い討ちでメガゲンガーを倒せる

D アーゴヨンの巧み龍Zやメガゲンの気合い玉を耐える

 

調整はテンプレのものを採用し、自分なりに技構成を工夫したバンギラス。ゲンガー入りの構築で2メガ等の形を取っているものに対して迷わず出せるようにステロ吠えるを搭載した。これによってゲンガーの一貫を取りにいくサポートの役割とビビヨン、オニゴーリ、イーブイバトンの対策という2つの役割を持たせている。

 

ステロ吠えるはよく刺さり、リザードンオニゴーリが何も出来ずに落ちていった事も何度かあった。ステロによってテテフ、レヒレ、リザードンゲッコウガ、等がメガゲンガーの圏内に押し込まれる。また、テッカグヤとの相性も良くステロ+宿り木でゴリゴリ相手のポケモンが削れていく。

 

【選出や立ち回り】

  VSカバマンダガルド

グライカグヤ@1(ラッキーorゲンガー)

安定行動のみで勝てることが多いが、ツルギ+マンダの役割集中には注意が必要。ゲンガーを出すとカグヤの負担を軽減できるがゲッコウガ等が重くなるので選出時に少し迷うこともある。

 

 VSギャラ顎ハッサム

ヒドラキグライ等

ギャラはだいたい挑発があるものの黒い霧Zを駆使しつつ熱湯で焼いてしまえば怖くない。ハッサムも同様にドヒドで対応。顎はラッキーで電磁波を入れてグライの地震で処理する。

 

 VSテテフランドゲンガー

バンギカグヤ@1

バンギでステロを撒くことによって、カグヤが宿り木で居座るだけで相手のサイクルが崩壊する。ビーストブーストのD上昇も効く。

 

 VSポリクチミミガッサ

ゲンガードヒドカグヤ

初手ゲンガーから入って、クチートには鬼火→ドヒドバック、キノガッサは鬼火→ヘド爆、で処理していく。ポリゴン2が出てきたりクチートがなりパンを持っていたらアーチャーって感じ。

 

 VSカバリザ+グロスorルカリオみたいなの

ゲンガー+ドヒドラキ等

リザードンに対してはラッキーの電磁波、ドヒドイデのトーチカ黒い霧で起点を回避していく。

ルカリオは黒い霧Zで流しつつサイクルの中で削ったり状態異常を撒いた後、格闘技に合わせてゲンガーを出す。

グロスはなりパンが無ければカグヤで受けられるがリザードンがいると選出がしにくい。つまり1体切って死に出しゲンガーで処理することになるので、裏を読む必要があったり催眠術を打つことになる場面が多い。

 

【後語り】

 今期の高レート帯(特に最終日)は受けループにガンメタ張った構築が多く、前期に猛威を振るった受けループで初2100を達成してやろうという自分の目論見は完全な失敗に終わった。

 また私事ではあるが、今期の期間中は実家に帰省していて自分の部屋までWi-Fiが届かなかったこともあり、自由にレートが出来なかったのも敗因だと思う。受け構築とはいえ本ロムで166戦しか出来なかったのは物足りなく感じる。

 

次こそは…次こそは、21…乗りたい…😭

 

今期、自分がレート(キャス)をしていた場所を紹介する。

f:id:kaitokuyt-www:20180315002341j:image
f:id:kaitokuyt-www:20180315002413j:image
ほとんどホームレスじゃねえかW

 

special thanks

 素敵なイラストを提供してくれた

るあな 

乃壱 

きくらげ

こーへい

アレス

うめちゃん (敬称略)

 河川敷や高架下や公園での屋外レートキャスを応援してくれた皆さま

 7世代の向かい風の環境で受けループという構築を使い、多くの知恵と経験を遺してくれた先人の皆さま

 

本当にありがとうございましたm(__)m

 

 

何か質問等あればTwitterまで@tukiyama_poke

 

最高レートの証拠画像置いておきます

f:id:kaitokuyt-www:20180314134755j:image

 

【S7&顎感謝杯 使用構築】ポリクチグライレボルト

供養記事

 ポリクチにグライオンいけるんじゃないかと思って試してみた。

 

【個体解説】


f:id:kaitokuyt-www:20180204172507j:image

ポリゴン2@しんかのきせき

控えめ

実数値(努力値) 191(244)-×-110-165(196)-124(68)-80

技構成 トラアタ/シャドボ/めざ炎/トリル

 

テテフのサイキネ2耐えしてシャドボ2発で落とす調整。ハッサムやツルギが増えてたからめざ炎にしたけど冷ビも欲しかった。グロス軸によく出す。

 

f:id:kaitokuyt-www:20180204172519j:image

クチート@メガストーン

意地

実数値(努力値) 157(252)-172(252)-146(4)-×-115-70

※メガ後の数値のみ記載

技構成 じゃれ/叩き/ふいうち/剣舞

 

Z消費したミミッキュなんかを起点にして全抜きを目指せるから剣舞は強い。レンチや炎牙も使ってみたい。グライを起点にしてくるマンダギャラに後出しして有限サイクルできなくもない。


f:id:kaitokuyt-www:20180204172950j:image

ミミッキュ@ゴーストZ

意地

実数値(努力値) 131(4)-156(252)-100-×-125-148(252)

技構成 じゃれ/シャドクロ/影うち/剣舞

 

強かった。


f:id:kaitokuyt-www:20180204172559j:image

キノガッサ@きあいのタスキ

意地

実数値(努力値) 135-193(204)-107(52)-×-80-122(252)

技構成 種ガン/マッパ/岩封/胞子

 

陽気ガッサのマッパ2耐え。同じ調整が増えてて結局ガッサ対面は五分になることが多かった。ステロがない積み構築にはいいストッパーになった


f:id:kaitokuyt-www:20180204173007j:image

グライオン@どくどくだま

陽気

実数値(努力値) 179(228)-116(4)-146(4)-×-122(212)-135(60)

技構成 地震/岩封/ハサミギロチン/羽休め

 

鬼羽リザウルガビビヨン、陰キャ受けポケモンに強いのがポリクチに噛み合ってると思って採用。岩封後最速130族抜きでコケコやゲンガーにも強く出られる。あっさり3タテする試合もあったが逆に腐ってクッションにしかならない試合もあった。

岩封の火力が無さすぎてミミッキュの身代わりすら壊せないので注意。

守るで安全にポイヒ発動ができないので立ち回りに工夫が必要。

 

ゲンガーコケコ意識なら陽気でこの調整がいいが、慎重か意地でS121(準速ガッサの下から羽休めができる、岩封後メガルカリオ抜き)なんかもよさそうだと思った。こご風とか身代わりとかやめろ

 

f:id:kaitokuyt-www:20180204174033j:image

ボルトロス@カクトウZ

控えめ

実数値(努力値) 185(244)-×101(84)-198(116)-102(12)-128(52)

技構成 10万/めざ氷/気合い玉/悪巧み

 

耐久に厚く振って大抵何でも耐えるので選出がしやすかった。最初はデンキZで採用して初手のレヒレやゲンガーに強く出ていたが、S7の途中で受けルが増加したためカクトウZに変更。初手の鬼羽リザXが初手対面でフレドラを選択してくれるので1:1以上がとれる。

 

【多い選出】

 ・(ポリクチミミ) ポリ2がいけそうならこれ

・(クチミミガッサ) 対面構築とオニゴ入りに強い

・(クチミミグライ) カバ、ナット、ドラン等がピンで入ってる構築に強い

・(クチグライレボルト) 受け回しに強い

 

受けルはこちらにグライレボルトが見えてるのでラキムドー@1で選出してくる。ドヒドが来なければ案外ミミッキュでも崩せたりするので敢えてレボルトを出さずにクチミミガッサでいったりしてた

【感想】

ポリクチがキツいポケモングライオンはよく刺さっていました。ただ、ポリクチという構築とグライオンというポケモンの性質が噛み合ませんでした!w

ポイヒのグライオンを使用するときはしっかりサイクル回せる構築にします;;

 【結果】

最高レート203×

顎感謝杯2位

精進します

 

質問等はTwitter@tukiyama_poke まで

【S6使用構築】ラティバレルドラン受けサイクル【最高2097最終2008】

ゲンゲン対面初手催眠はクズ

みなさんお久しぶりぃ、突き山です。

今回S3以来のレート2000を達成し、最高レートも2097まで更新。21には届かなかったものの良い構築ができたと思ったので記念に構築記事を残しておくことにしました。読んでいって頂けると嬉しいです。

【使用構築】

f:id:kaitokuyt-www:20171110190412j:image

バシャレボルトに強く出られるメガラティアスを軸に補完としてバレルドランを採用し、受けサイクルを組んだ。相手の受けサイクルを強引に崩すギロチングライ、幅広いポケモンの相手をできる数値受けとしてポリゴン2、ここまでで厳しい相手の誤魔化し枠としてミミッキュを採用した。

【個体解説】


f:id:kaitokuyt-www:20171110223732j:image

グライオン@毒毒玉

[性格]慎重

[努力値]228-0-0-×-196-84

[技構成]地震/ハサミギロチン/身代わり/守る

H 8n+3

D 11n ギルガルドのシャドボZ最高乱数切り耐え

S 126 よくいる崩しのデンジュモク抜き

安定の嫁ポケ枠。毒はハサミの劣化、羽はHP管理ができれば必要ないと思っている。

グライオンの前で交代することは、じゃんけんで「チョキを出すよ」と言ってくれている相手にパーを出してくるようなもの


f:id:kaitokuyt-www:20171110223806j:image
 

ラティアス@ラティアスナイト

[性格]臆病

[努力値]156-×-4-92-4-252

[技構成]サイコショック/流星群/瞑想/羽休め

H 16n-1

C 無降りメガ馬車をショックで確1

S最速

バシャ、レボルトに出していく。悪タイプを猛烈に呼ぶのと、そこに刺す流星群が活きる場面が多かった。最速にしてるのは100%出てくるカミツルギを上からしばくため。

 
f:id:kaitokuyt-www:20171110232226j:image

モロバレル@黒いヘドロ

[性格]図太い

[努力値]252-×-236-0-20-0

[技構成]ギガドレ/イカサマ/クリスモ/キノコの胞子

H ぶっぱ

B 11n

D 余り

このパーティを人体に例えるならモロバレルはチンコくらい大事です。対面構築によくいるミミガッサに強い点がとてもよかった。有利対面でのキノコの胞子はかなりサイクルを有利にした。イカサマかギガドレを光合成に変えた方がいいかもしれない。

 
f:id:kaitokuyt-www:20171110224938j:image

 ヒードラン@食べ残し

[性格]臆病

[努力値]252-×-4-4-116-132

[技構成]噴煙/ラスターカノン/毒毒/守る

H ぶっぱ

D 余り

S 125 最速カグヤ抜き

テテフ受け鋼枠。噴煙、大地の力だと飛行1ウェポンのマンダにすら勝てないのが弱いと感じられたのでラスカノを採用。テテフへの役割遂行も速くなってよかった。グライとほぼ同じSラインなのもポイント。こいつは耐性が優秀すぎる。めざ地ウルガやめろ


f:id:kaitokuyt-www:20171111001903j:image

ポリゴン2@進化の輝石

[性格]図太い [特性]アナライズ

[努力値]244-×-164-4-68-28

[技構成]冷凍ビーム/イカサマ/放電/自己再生

H 16n-1

B 余り

C 端数

D 控えめ特化テテフのサイキネ2耐え

S 麻痺後最速100族抜き

グロス、マンダ、リザX、広範囲アタッカーを受ける数値受け。マンムーの叩きやゲッコウガの毒、挑発で泣くことが多かった。役割が集中しやすくHP管理が難しい。放電麻痺ワンチャンは強かった。基本アナライズでいいと思うが滅ゲンのことを考えるとトレースもよき。

 
f:id:kaitokuyt-www:20171110230921j:image

ミミッキュ@フェアリーZ

[性格]意地っ張り

[努力値]4-252-0-×-0-252

[技構成]じゃれつく/影打ち/剣の舞/呪い

H 端数

A ぶっぱ

S ぶっぱ

ポリゴンZ、 ガルーラ軸、バトン、ゴーリに出す。積みエースのストッパーとして採用したが呪いが強力だった。ゲンガナンスには初手に出して剣舞を2回押すとeasy winできる

 

【選出パターン】

 VSカバリザグロス

ポリドラン@1。リザYはこない

 VSテテフバシャレボルト、ランドバシャカグヤ

基本ラティポリドラン。バレルやミミも一考

 VSガルーラスタン

ポリミミッキュ@1。グンチに合わせてミミバック

 VSマンダ軸

ポリグライドラン。ポリ2のHP管理が重要

 VSゲンガー軸

対面構築でアタッカー採用なのか受け回しを崩す滅び型なのか選出画面でアタリをつける必要がある。とにかく初手に来る

 VSオニゴーリ

ミミッキュ@2(ラティポリドランから選択)。守るに合わせてミミバック

 VSポリクチ、ルカリオ

勝てない。

 

後語り

ここまで見てくださってありがとうございます。今期は最終シーズンということもあり、周りの人も気合いが入ってたので自分も全力でポケモンに熱中することができました。

ゲンゲン対面催眠動画や見苦しい揉め事でお騒がせすることもありましたが、それでもこんな自分を慕って応援してくれた周りの人(矢野伶くん等)には感謝を申し上げたいです。ありがとうございました。

次回作では更に高みを目指せるように頑張ります。ポケモン最高や

 

special thanks

個体をくれた

泉屋

あっかー

あろえ

このとん

 

何か質問などあればTwitterまで

@tukiyama_poke

 

最高レートと最終レートの画面おいときます
f:id:kaitokuyt-www:20171111001047j:image
f:id:kaitokuyt-www:20171111001152j:image

 

 

 

 

 

 

 

【S3使用構築】サイクルカット受けサイクル【最高2062最終1950辺り】

前語り

みなさん初めまして、月山と申す者です。受け回しの戦術を好んで使います。よろしくお願いしますm(__)m

今回S3にてレート2000到達、並びに自己最高レート2034を更新し2062までレートを伸ばすことに成功。記事に書いても恥ずかしくない程度には実力がついたと自負し、ここに書き残すことにしました。構築記事を書くのは初めてなので至らぬ点も多いと思われますが温かい目で読んでいってくださると幸いです。

以下常体

f:id:kaitokuyt-www:20170519190805j:image
f:id:kaitokuyt-www:20170519190817j:image

構築の経緯

まず、前期使っていた構築でドヒドイデテッカグヤの並びが非常に強力だと感じS3も継続して使おうと考えた。

 この2体で受けきることができなくてかつ環境に多くいるポケモンがレボルト、コケコ、ウルガモス、リザX等であり

これらのポケモンに対して後出しから安定した処理をすることが期待できるスカーフウツロイドの採用を決めた。

 使い慣れたメガ枠として誤魔化し性能、抜き性能に秀でた催眠ゲンガーを採用することに。

 カバやランド等の初手に出てくる地面枠に強く、メガフシギバナ等の高耐久ポケモンを葬り去るためにグライオン

 ここまでで明らかに重い挑発や身代わりを持ったギャラドスに強く、対面性能の高いポケモンとしてローブシンを最後にパーティに入れて今期のパーティが完成した。

 型紹介

f:id:kaitokuyt-www:20170519175648j:imageドヒドイデ@くろいヘドロ

[特性]さいせいりょく

[性格]ずぶとい

[努力値]252-0-252-0-4-0

[技構成]自己再生/熱湯/黒い霧/毒毒

予定されていた基本選出の一角。何故か実際にはほとんど選出機会がなかった。物理受けなのにボロい特殊なら意外と受かってしまうのが強み。両刀も止まる。このパーティで重いアシレーヌ バシャーモ ミミッキュ あたりがいるパーティ、ヤミラミ入り受けループ、イーブイバトン に主に選出していく。

f:id:kaitokuyt-www:20170519175702j:imageテッカグヤ@たべのこし

[特性]ビーストブースト

[性格]ずぶとい

[努力値]252-0-4-60-180-12

[技構成]宿り木の種/守る/火炎放射/目覚めるパワー氷

自慢の両受けテッカグヤ。両刀マンダにも対面から負けないようにHDに厚くしている。前期同様に大活躍だったがHPの管理が非常にシビアで役割集中によって突破されて負けることが多かった。テテフやマンダがいるだけでこのポケモンの選出が確定するためパーティの過労死枠だった。

 f:id:kaitokuyt-www:20170519180118j:imageウツロイド@こだわりスカーフ

[特性]ビーストブースト

[性格]おくびょう

[努力値]4-0-0-252-0-252

[技構成]10万ボルト/ステルスロック/ヘドロウェーブ/パワージェム

スカーフという持ち物を使うのは初めてだったがビーストブーストによる抜き性能も噛み合ってとても強かった。サイクルを有利にするステルスロックまでは確定で@1がめざ氷や草結びなどと選択になる。今回は友人から譲り受けた個体でめざパの厳選が出来ていなかったため10万ボルト。コケコのエレキフィールドにタダ乗りして受け出してくるグロスを倒せる算段だったが、ただの1度もそんな場面は訪れなかった。

 f:id:kaitokuyt-www:20170519175714j:imageゲンガー@ゲンガナイト

[特性]のろわれボディ→かげふみ

[性格]おくびょう

[努力値]236-0-0-0-20-252

[技構成]催眠術/祟り目/ヘドロ爆弾/滅びの歌

最強の誤魔化し枠。上さえ取っていれば無限の勝ち筋が生まれることに加えて影踏み、催眠術による強引なサイクルカットが今のサイクル重視のレート環境で活きると考えた。滅びの歌はバトン、オニゴーリ等に刺さるだけでなく起点防止や相手のラスト1体での全抜きを詰ませるなど有用だった。コケコやゲンガーと対面したときの同速勝負は祈るしかない(^_^;)

催眠術の一貫性は異常
 f:id:kaitokuyt-www:20170519175911j:imageグライオン@どくどくだま

[特性]ポイズンヒール

[性格]ようき

[努力値]228-4-4-0-68-204

[技構成]身代わり/守る/地震/ハサミギロチン

受けループで一般的に使用される調整を採用した。流行りの毒毒ではなくギロチンを採用しているのはこだわり。実際、強引に勝ち筋を生むギロチンはとても強いし交換先に当てる快感は病み付きになる。初手に出てくる地面タイプを起点にギロチンの試行回数を稼ぐ。コケコに受け出せる点もよかった。終盤、高レート帯でHDグライなるものが流行していたようだが、高レートの方々との交流がないため最後までこいつを使い続けていた(;_;)

俺のグライオンは甘えた交換を許さない

 f:id:kaitokuyt-www:20170519180146j:imageローブシン@とつげきチョッキ
[特性]てつのこぶし

[性格]いじっぱり

[努力値]212-212-44-0-36-4

[技構成]ドレインパンチ/マッハパンチ/地震/雷パンチ

ORASのときから変わらず使い続けているチョッキブシン。カプ系が登場してフェアリー環境となっている近頃はめっきり数を減らしたが今でも全然戦えるポケモンだと思っている。ガルーラやマンムーが初手に来ることが多いのでそれに合わせて出すと相手のパーティをあっさり半壊させることもしばしば。サブウェポンについて、雷パンチはほぼギャラピンポだが水妖に対して打つこともあり対面からなら割と勝てる。余談だがORAS時代こいつを起点に腹太鼓してくるマリルリを吹き飛ばすのが最高に脳汁だった。地震ギルガルドやゲンガーに対する打点として採用した。最遅ガルドより速いため、まんまと弱保を発動させて突破されてしまうことがあったので最遅ガルド抜かれの個体を採用することをオススメする。初手こいつで出し負けになるポケモンとしてミミッキュにはドヒドイデ、テテフマンダにはテッカグヤ、ランドカバにはグライオンをそれぞれ後出しすればいいので動きやすかったと思う。

 

立ち回り

[受けループ]

追い討ち枠がいない場合

初手にグライを出し、必ず後出ししてくるエアームドに合わせてゲンガーを出す。催眠術から入り、滅びや祟り目でサイクルを崩壊させる。

相手のグライオンテッカグヤに有効打が無いのでどうにかなる。

追い討ち枠がいる場合

厳しい。エアームドか追い討ち枠を落とせたらどうにかなりそうなものの、それより先にこちらのゲンガーが落とされる。

[バトンパ]

ドヒドイデの黒い霧、ゲンガーの滅びの歌で降参を貰える。一度だけイーブイバトンに仕込まれていた挑発ドーブルにボコボコにされた。

[リザ軸]

ウツロイド@2で選出する。地面の一貫は切りたいのでカグヤかグライは必須。リザYならドヒドイデでも止まる。

[グロス軸]

ゲンガーカグヤグライの出し方が一番勝てた気がする。コケコやランドにグライを受け出してギロチンでサイクルカットしたり、ゲンガーの催眠祟り目でグロスを落としたり、エレキフィールド下でなければテッカグヤでもグロスが受かる。思念を切ってるグロスが多かったのでローブシンを出してみるのもアリだったかもしれない。

[マンダ軸]

テッカグヤ@2で選出する。大体ウツロイドやゲンガーを一緒につれていくとよい。ステロから欠伸ループで起点を作るような構築にはグライを出す。

[ゲンガー軸]

ゲンガナンス

グライゲンガー確定@1は裏に刺さっているのを選出。グライでギロチンを当てるとかゲンガーで同速勝負するとか運要素が多いが不利ではないはず。

その他

ドヒドイデ以外はゲンガーにそれほど弱くないので隙を見せないように選出したらどうにかなる。同速勝負を恐れるな